【サブテラー】初動から考える戦い方【戦術考察】

【サブテラー】はどのような盤面を整えていくのか

どうすれば戦いやすいのかを分かりやすく考察します

/所要時間:5分

【サブテラー】の初動について

 

まず《地中界シャンバラ》の発動を第一優先にします。

発動処理で「サブテラー」モンスターをデッキから加えることで円滑に初動を進めることができます。

また、②の表示形式変更の効果によって、「サブテラーマリス」を自分のターンに共通効果で特殊召喚した際に、すぐに効果を使えるようになります。

 

よって、《地中界シャンバラ》を中心に自分のターンにも行動しやすくして、相手のカードを処理していきながら【サブテラー】は戦っていくことになります。

 

初動で揃えておきたいカード

・《地中界シャンバラ》

・《サブテラーの妖魔》

・「サブテラーマリス」1体

・《サブテラーの戦士》(墓地)

・できれば《サブテラーの決戦》

 

《地中界シャンバラ》を《テラ・フォーミング》などで手札に加え、5~8枚体制で他に必要なカードを揃えていきます。

スポンサーリンク

初動のパターン

・初手の状況によって、若干初動パターンが変わるので注意が必要です。

1.《地中界シャンバラ》を手札に加えられる

発動して、①の効果によって《サブテラーの妖魔》を手札に加えます。

すでに《サブテラーの妖魔》を手札に持っていた場合は、ドローor墓地肥やしのできる「サブテラーマリス」を手札に加えておきます。

 

《サブテラーの妖魔》を加えた後の流れ

①《サブテラーの妖魔》を召喚。②の効果を発動し、自身を裏側守備表示にして、ドローor墓地肥やしのできる「サブテラーマリス」を手札から裏側守備表示で特殊召喚する。

 

②《地中界シャンバラ》の②の効果で「サブテラーマリス」を表側守備表示に変更し、手札かデッキにある《サブテラーの戦士》を墓地へ送る。

 

③「サブテラーマリス」を自身の②の効果で裏側守備表示に変更する。

 

結果

フィールド

・裏側守備表示の《サブテラーの妖魔》

・裏側守備表示の「サブテラーマリス」

・《地中界シャンバラ》

 

墓地

・《サブテラーの戦士》

 

最も安定した初動を行うことができ、後の展開が楽になります。

 

この初動が行えるように、《サブテラーマリス・グライオース》と《サブテラーマリス・ジブラタール》をそれぞれ2枚ずつデッキに採用すると成功しやすいです。

《サブテラーの戦士》の採用枚数によって、上記2枚の採用枚数を変えると良いでしょう。

 

2.《地中界シャンバラ》を手札に加えられない or 発動時に破壊された

必要なカードをデッキから手札に加えることができないため、初動が遅れます。

特に自分ターンでの「サブテラーマリス」の表示形式変更が難しく、展開に大きく響きます。

 

先ほど説明した初動の流れに追いつくように、「サブテラーマリス」を共通効果の特殊召喚やアドバンスセットなどでフィールドに出し耐えます。

相手ターン中に《サブテラーの決戦》などでリバースして、なるべく早く《サブテラーの戦士》を墓地へ送れるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

【序盤】《サブテラーの戦士》を墓地へ落としてからどうするの?

《サブテラーの戦士》を墓地へ置いておくことで、状況に応じた「サブテラーマリス」をデッキから特殊召喚できるようになります。

「サブテラーマリス」がリバースするだけで自己蘇生できるため戦線維持しやすくなり、戦いやすいフィールドにすることができます。

 

《サブテラーマリス・バレスアッシュ》など妨害性能の高い「サブテラーマリス」を早めに《サブテラーの戦士》で特殊召喚しておくことで、《サブテラーの妖魔》での墓地蘇生も行いやすくなります。

 

【サブテラー】は低速デッキのため、序盤から相手の出鼻をくじくことが重要になります。

相手の出方を見ながら、《サブテラーの決戦》などを用いてリバース効果で相手ターンに妨害を仕掛けていき、相手がもたついている間にこちらの盤面を固めていきます。

 

序盤から忘れずに意識しておきたいことは、「サブテラーマリス」をフィールドから切らさないことです。1度フィールドが空くと展開が遅れ、効果の発動まで時間がかかります。

 

魔法・罠の維持について

・「サブテラー」の表示形式を変更できるカードを、1枚は発動できる状態にしておく必要があります

 

《地中界シャンバラ》がフィールドにあると、相手は攻撃しにくいため破壊を狙ってきます。

相手ターンには攻撃抑制くらいの性能しかないので、守ることを考えるより素直に破壊されましょう。

 

むしろ《サブテラーの決戦》を破壊される方が【サブテラー】には痛手になります。効果の都合上1度発動すると再度セットされるため狙われやすいです。

こちらはカウンター罠などでできれば守りましょう。

スポンサーリンク

中盤以降

「サブテラーマリス」は打点に申し分ないモンスターが多いため、LPを減らすのは難しくありません。

相手が隙を見せたターンに《サブテラーの決戦》で攻守を4000前後にして、1ショットキルを狙うとよいでしょう。

 

優勢時

難しく考えず、相手のリソースを削ることを考えて行動すれば勝機が見えてきます。

《サブテラーの妖魔》を手札に握っておいて詰めの一手でカード効果を無効できるようにプレイすると勝ちやすくなります。

 

劣勢時

【サブテラー】は切り返しが不得意なため、厄介なモンスターが並んでいる状況では身動きが取りにくいです。

 

裏側守備表示のモンスターは破壊されない《つり天井》を採用して、状況打破できる対策を取っておくと良いでしょう。

フリーチェーンで全体除去できるため、劣勢時に頼りになります。

 

《つり天井》通常罠

フィールド上にモンスターが4体以上存在する場合に発動する事ができる。
フィールド上に表側表示で存在するモンスターを全て破壊する。

 

スポンサーリンク

その他の重要なこと

・表側表示の魔法・罠を除去できるカードが「サブテラー」にはないため、《マクロコスモス》などの墓地メタのカードが刺さりやすいです。

発動された瞬間に《ツインツイスター》などで破壊できるように、相手のデッキの出方を見極めましょう。

 

・除去をモンスター効果に頼りがちなデッキのため、制圧モンスターを苦手とします。

特に破壊以外の除去を行うカードに弱いため、《帝王の烈旋》でリリースするのも手です。

 

《帝王の烈旋》速攻魔法

「帝王の烈旋」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はエクストラデッキからモンスターを特殊召喚できない。
①:このターン、アドバンス召喚のために自分のモンスターをリリースする場合に1度だけ、自分フィールドのモンスター1体の代わりに相手フィールドのモンスター1体をリリースできる。

 

スポンサーリンク

まとめ

「サブテラーマリス」をフィールドから切らさず、妨害して戦う

 

初動:《地中界シャンバラ》《サブテラーの妖魔》を使って展開し、《サブテラーの戦士》墓地へ送る

序盤:《サブテラーの戦士》で「サブテラーマリス」を展開。相手を妨害する。

中盤以降:相手が隙を見せたら《サブテラーの決戦》で攻撃力を上げて総攻撃。

 

手札事故にさえ気を付ければそう簡単に負けるデッキではないため、プレイングを磨くことが重要になります。

何度も対戦してリバースの新たな可能性を模索してみて下さいね。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました