【2019年版】迷ったらコレ!おすすめ宇宙SF映画10選

【厳選】宇宙系SF映画10選

 

一度見たらまた見たくなるようなおすすめの傑作を集めました。

「スターウォーズ」や「エイリアン」シリーズなど異星人がでてくるタイプの映画は除いて、ヒューマンドラマ強めの作品を中心にセレクトしています。

 

スポンサーリンク

宇宙空間がメイン

オデッセイ

嵐に襲われて地球へ帰還した有人火星探査計画のクルーだが、そのうちの1人・ワトニーが取り残される。NASAに死亡したと断定されるなか、ワトニーは決死のサバイバルを敢行。やがて彼から生存を知らせる通信を受け取ったNASAは、救出作戦をスタートさせる。

 

宇宙×サバイバルという新たな基軸を欲しいがままにした本作

絶望的な状況をなんとか解決しようとする主人公の心の強さにぐいぐいと惹かれていきます。

 

この映画の一番の見どころは何が起きても決してあきらめない精神力。

・火星に置いていかれても生きる道を考えなくてはいけない

・火星で食べられる食糧を増やす方法を考えなくてはならない

・自分が生きていることを地球に伝えなくてはいけない

 

絶望的な状況に何度も追い込まれつつも、ジャガイモがあればどこでも生きていける!

 

インターステラー

劇的な環境変化によって寿命が尽きかけている地球。元テストパイロット・クーパーは、人類が移住するための新たな星を探すミッションに選ばれる。愛する息子と娘との再会は望めない。それでも彼は、泣きじゃくる娘に「必ず帰ってくる」と約束するが…。

 

もはや宇宙旅行といっていい没入感を味わえる作品

少なくとも10年はこの作品を超える宇宙系SFは現れないといっても過言ではないです。

 

宇宙では時間の流れが歪むという理論を組み込んだタイプの意外となかった映画

歳が離れていく娘に必ず生きて会いに行くと約束した父親が、1分1秒を大切にしていく姿は見るたびに苦しくなります。

 

宇宙映画を語るなら必ず見ておきたい作品です。

圧倒的なスケールの宇宙旅行に行きたい方はぜひ。

 

ゼロ・グラビティ

スペースシャトルでのミッション遂行中、宇宙飛行士のストーンとコワルスキーは突発的な事故で宇宙空間に放り出されてしまう。ふたりは互いの体をロープで繋いで何とかシャトルに戻るが、機体は大破し、生存者はストーンとコワルスキーのふたりだけだった…。

 

無重力を表現した映画としては最高クラス

不慮の事故でおきた絶体絶命のピンチを乗り越えていく度に心臓が飛び出そうになります。

 

超高画質で見てほしい作品の一つ。スクリーンで見れた人は最高ですね。

 

ややフィクション要素が強いなと感じるかもしれないので、あくまで娯楽映画として見ることをおすすめします。

必ず「インターステラー」より先に見てくださいね。

 

月に囚われた男

資源採掘のため、3年契約で月面の基地にたった1人で派遣された宇宙飛行士サム。機器の故障で家族との通信は不可能。相棒は1体のロボットだけ。そんな孤独な生活もあと2週間に迫ったある日、作業中に事故が発生。治療室で目覚めたサムは、衝撃の事実を知る!

 

たった一人で月面で働く男の物語

 

孤独な生活も残り2週間となったところで、突然幻覚が見え始める。

自分がもう一人いるようだ。一体なぜ?

相棒のロボ・ガーディは何かを隠しているようだし…

 

宇宙という密室に閉じ込められた男に迫る奇妙な謎

「2001年宇宙の旅」と同じ空気がどことなく漂っています。

静かに楽しむ宇宙系SF映画としておすすめです。

 

詳しくはこちら↓

映画「月に囚われた男」を無料で見るなら?あらすじ&見どころも紹介!
月から地球に資源を送るためたった一人働く「月に囚われた男」もうすぐで地球に帰れる男に起こる奇妙な出来事とは?

 

2001年宇宙の旅

謎の物体モノリスに影響を受けた猿人は、動物の骨を武器として使うことを覚える。場面は変わり人類が月に住むようになった時代、木星探査に向かうディスカバリー号で、人工知能を備えたコンピュータHAL9000に異変が起き、ボウマン船長は危機に見舞われる…。

 

SF映画界に残る至高の作品

とても50年以上経過している映画とは思えません。

 

オーケストラのような音楽で宇宙の荘厳さ

静かに語るAIや漆黒の物体モノリスの不気味さ

で馴染みのない宇宙が表現されています。

 

この映画を見れば分かるのですがかなり怖いです。

CGが存在しない時代にこんな映像みた人間は背筋が凍っているでしょうね。

 

アポロ11号が月面着陸したのもこの映画公開から1年後。

徹底的に科学検証された映像美は今の時代の人間でも十分に納得できます。

 

やや抽象的でよく分からない部分もあるため、普段映画を見ない人にはおすすめできませんがいずれ驚愕する日が来るはずです。

深淵なる宇宙の神秘に触れたい方はぜひ。

 

スポンサーリンク

ヒューマンドラマがメイン

ガタカ

優秀な遺伝子を掛け合わせて生まれた「適正者」が支配する近未来。自然出産で生まれた「不適正者」のヴィンセントは、宇宙飛行士になる夢を叶えるため、「適正者」に偽装して宇宙局「ガタカ」に入社する。だが上司が何者かに殺され、ヴィンセントに容疑が…。

 

どちらかというとディストピアSF映画ですが、ここで紹介。

 

優秀な遺伝子を持って生まれる人間が当たり前に存在する世界で、自然出産でうまれた主人公。

宇宙飛行士になりたいという夢をもったが、どんなに努力しても遺伝子が悪いためその資格すらない。

ありとあらゆる不正な手を尽くして主人公は、相棒と共に宇宙飛行士を目指すことになります。

 

この映画は「努力に優る才能はなし」ということを強く訴えかけてきます。

静かに胸を打たれるストーリーに最後は涙することになるでしょう。

 

スペースカウボーイ

引退した空軍の元パイロット、フランクの元にNASAから連絡が入る。故障したロシアの人工衛星を修理してほしいとの依頼だった。40年前、米国初の宇宙飛行士を目指しながらも、その夢を断念せざるを得なかったフランクは、かつての仲間を集めて再び宇宙に挑む!

 

おじいちゃん達が若き日の夢を追い求め、月を目指すという作品

身体はいうことを利かなくても心は無邪気なまま。

 

まだまだ若い者には負けないという意地が全体から伝わってくる映画

こんなパワフルな親父たちには負けていられないという気にもさせてくれます。

 

ロマンを宇宙に求める方に見てほしい映画です。

 

詳しくはこちら↓

映画「スペースカウボーイ」を無料で見るなら?あらすじ&見どころも紹介!
若かりし日の宇宙への夢に再び挑戦するオヤジ達「スペース カウボーイ」男のロマンはどんな時代でも色褪せない!

 

ディープ・インパクト

天文部の少年レオが彗星の怪しい動きを発見してから数年後、アメリカ大統領の記者会見で驚くべき発表を行う。彗星が1年後に地球に衝突するというのだ。人類滅亡を阻止するため、政府は100万人を収容する地下シェルター建設と核攻撃を計画する…。

 

直径11キロの彗星が地球に直撃するという作品

ぶつかったら最後、あらゆる生物が死滅することになる。

 

人類の終わりの日を告げられた人々のそれぞれのドラマ

パニック系の最大の見せ場と群像劇をかけ合わせた宇宙映画です。

 

ヒューマンドラマとしても素晴らしく、下手に掘り下げすぎないところがGOOD!

あなたなら人生最後の日はどうやって過ごしますか?

 

詳しくはこちら↓

映画「ディープ・インパクト」を無料で見るなら?あらすじ&見どころも紹介!
1年後に地球に衝突する彗星を巡る人々の群像劇が魅力の「ディープ・インパクト」避けられないカウントダウンが迫る

遠い空の向こうに

米ソ冷戦時代のアメリカ。炭鉱夫になるしか将来がない町で、高校生のホーマーは美しい軌跡を描いて飛ぶ人工衛星を見る。宇宙に魅入られた彼は友人たちと「ロケット・ボーイズ」を結成し、ロケット制作に夢中になる。だが父親はそんな彼を理解できなかった。

 

実際にあった出来事を映画にした物語

炭鉱夫になるしかないほど未来がない町で育った主人公は、夜空を横切るソ連の打ち上げた初の人工衛星スプートニクを見てロケットを空へ飛ばすことを決意する。

 

困難や葛藤、親との対立など青春と家族愛を丁寧に描いた作品です。

何度ロケットを飛ばしても失敗続き。それでも一切諦めない。

ひたむきで純粋な少年たちの夢は次第に町の人々や頑固な父親まで変えていく。

 

個人的には「ショーシャンクの空に」と並ぶほどの名作。

夢を持つことの大切さ、父の偉大さ、助け合う地域の愛がこの映画には詰まっています。

EDのクラシカルな音楽と共に美しき夜明けを迎えるような気分にさせてくれます。

 

親になるときっと見方も変わってくるのでしょうね。

 

スポンサーリンク

おまけ

不思議惑星キン・ザ・ザ

街中で裸足の男が怪しげなことを口走っている。自分は空間転移装置の事故で異星から飛ばされてきた者だと言うのだ。偶然、この男に話しかけたウラジミールとゲデバンは、同じく男が手にしていた転移装置で、キン・ザ・ザ星雲の惑星ブリュクに飛ばされてしまう。果たして、二人は、この砂漠だけの惑星から無事に地球へ帰りつくことができるのか?

 

ソ連で作られた脱力コメディ系SF映画

「クー」しか喋れない惑星にたどり着いた二人の男が地球に帰ろうと右往左往する作品です。

 

作品全体が資本主義と共産主義の痛烈な批判にもなっているのですが、そんなこと忘れてしまうくらいの間の抜けた映画です。クー

「スターウォーズ」の登場人物が実はみんなオナラで話していたくらいのイメージで大丈夫です。

 

人によっては途中で寝るくらいに退屈な映画ではありますが、映像表現とストーリーは意外と悪くなく、最後まで見ると意外といい映画だったという感想を抱くようになります。

ちなみにソ連でけっこうヒットした映画なので「クー」という奇妙な挨拶は今でもロシアで通じるのだとか?

 

一部で謎の人気を誇ります。色々な宇宙を見て疲れてしまった人は見てみて下さい。

スポンサーリンク

まとめ

 

宇宙系SF映画の紹介でした。

ランキングにしようかと思いましたが、あまりにも良い作品が多くて難しい…

 

「アルマゲドン」「惑星ソラリス」とかなんでないの?と思われる方もいるかもしれませんが、私がまだ見ていないだけです。そのうち追記しますね!

 

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました