【転生炎獣】相性の良いカード集

リンク召喚の新たな地平 転生リンク召喚

【転生炎獣】は多くの可能性が眠る

/所要時間5分

【転生炎獣】相性の良いカード

【転生炎獣】で解決しておきたいこと

①《転生炎獣の意志》に大きく依存している

このカードが引けない【転生炎獣】はかなりのパワー不足に悩まされることになります。

特に手札消費の激しさを如実に感じることになります。

②フィニッシャーがテーマ内にいない

《転生炎獣ヒートライオ》はどちらかというとエースモンスターでフィニッシャーとして使うには若干力不足な面が目立ちます。

勝ち筋を明確にしておきたいところ。

③耐性もちのモンスターを突破する方法が少ない

元々除去手段もほとんど持ち合わせていないテーマなので厄介なモンスターには苦戦を強いられます。

現時点での【転生炎獣】はカード数が足りないためプロトタイプになります。

完璧な構築は目指さずに後続のカードプールを待ちながら様々な構築を楽しむのがおすすめです。

【転生炎獣】ってどんなテーマ?という方はこちらからどうぞ!

Soulburnerと共に未来を切り開く【転生炎獣】 転生リンク召喚は新たな地平へと決闘者を導けるか

展開サポート

《クロック・ワイバーン》

星4/風属性/サイバース族/ATK1800/DEF1000
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚・特殊召喚に成功した場合に発動できる。
このカードの攻撃力を半分にし、自分フィールドに「クロックトークン」(サイバース族・風・星1・攻/守0)1体を特殊召喚する。

召喚・特殊召喚時にサイバース族のトークンを1体生成できるモンスター

1枚でリンク2をリンク召喚できるため、《フレイム・アドミニスター》を経由すれば簡単に《転生炎獣ヒートライオ》まで繋がります。

また、EXデッキの枠が足りない純【サイバース族】に比べ《サイバース・クロック・ドラゴン》をフィニッシャーに据えやすいことがメリット。

このカードのサーチは《サイバース・ビーコン》等で行えるので、サイバース族サポートも含めて【転生炎獣】に無理なく採用することができます。

どの構築にも3枚採用して問題ないでしょう。

《フォーマッド・スキッパー》

星1/光属性/サイバース族/ATK 0/DEF 0
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
EXデッキのリンクモンスター1体を相手に見せる。
このターンにリンク召喚する場合、このカードは見せたモンスターと同じカード名・種族・属性の素材としても扱える。
②:このカードがリンク素材として墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキからレベル5以上のサイバース族モンスター1体を手札に加える。

リンク召喚の素材に使う場合、EXデッキのモンスターに名前・属性・種族をコピーできるモンスター

直接「サラマングレイト」リンクモンスターの追加効果を狙うことができ、②の効果で後続を確保することも可能。

《転生炎獣エメラルド・イーグル》のサーチもできます。

…なんだか新しいリンク召喚テーマが出るたびに紹介している気がします。

サイバース族全般は【転生炎獣】と相性が良いため《フレイム・バッファロー》なども一緒に採用すると安定性が上がります。

《輪廻天狗》

星4/風属性/獣戦士族/ATK1700/DEF 600
①:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合に発動する。
デッキから「輪廻天狗」1体を特殊召喚する。

表側表示でフィールドを離れた場合、デッキから同名モンスターを特殊召喚する(強制効果)モンスター

《炎舞-「テンキ」》でサーチできることから安定してリンク素材に使えます。

《炎舞-「テンキ」》はフィールドに残ることで《転生炎獣フォクシー》の自己蘇生のコストになってくれます。

このモンスターは風属性なので直接《転生炎獣ヒートライオ》のリンク素材にすることはできませんが、炎属性リンク2を経由することで素材の消費の軽減が可能です。

リンク2炎属性+「サラマングレイト」1体で《転生炎獣ヒートライオ》をリンク召喚して、《輪廻天狗》をフィールドに残したい。

メインフェイズ2でリンク4に繋げやすくなります。

墓地に3体落ちてしまった後は《貪欲な壺》で戻して、手札消費の荒さもカバーできれば理想的です。

《クリバンデット》

星3/闇属性/悪魔族/ATK1000/DEF 700
①:このカードが召喚に成功したターンのエンドフェイズにこのカードをリリースして発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは全て墓地へ送る。

召喚したターンのエンドフェイズにデッキの上から5枚墓地に送り、その中の魔法・罠1枚を手札に加えるカード

【転生炎獣】はあまり速度の速いデッキとは言えず、墓地アドバンテージも重要なので墓地肥やしとの相性は良好。

加えて「サラマングレイト」魔法・罠は《転生炎獣ファルコ》によって墓地からセットできるため、アドバンテージに繋がりやすいです。

反面、防御に難が残るため《光の護封霊剣》などを採用しておくと安心です。

攻撃&防御サポート

《星遺物-『星槍』》

星8/闇属性/機械族/ATK3000/DEF 0
このカード名の①③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:リンクモンスターを含むモンスター同士が戦闘を行うダメージ計算時に、このカードを手札から捨てて発動できる。
その戦闘を行う相手モンスターの攻撃力は3000ダウンする。
②:このカードがモンスターゾーンに存在する限り、相手は他の「星遺物」モンスターを攻撃できない。
③:EXデッキからモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのフィールドに「星遺物トークン」(機械族・闇・星1・攻/守0)を1体ずつ守備表示で特殊召喚する。

リンクモンスターが戦闘を行うダメージ計算時に手札から捨てて、相手モンスターの攻撃力を3000下げるモンスター

ほぼモンスターとしては使わずに戦闘補助の手札誘発として使います。

《転生炎獣ヒートライオ》の戦闘補助で確実に2300のダメージを与えられるだけでなく、《転生炎獣エメラルド・イーグル》の儀式素材としてレベルも噛み合います。

墓地に落ちてからも《転生炎獣ヒートライオ》の効果対象にしやすい。

このカードを採用する場合はフィニッシャーに《トポロジック・ボマー・ドラゴン》を採用すると大ダメージを与えられます。

また、《転生炎獣ヒートライオ》の②の効果で相手モンスターの攻撃力を3000にし、《転生炎獣の聖域》の発動下で自爆特攻することで簡単に《ヘル・テンペスト》の発動条件を満たすことができます。

相手が度肝を抜くこと間違いなしなので、切り札として搭載するのもいいかもしれませんね。

《炎霊神パイロレクス》

星8/炎属性/恐竜族/ATK2800/DEF2200
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地の炎属性モンスターが5体の場合のみ特殊召喚できる。
このカード名の①の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが特殊召喚に成功した時、相手フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを破壊し、お互いのプレイヤーはそのモンスターの元々の攻撃力の半分のダメージを受ける。
②:表側表示のこのカードがフィールドから離れた場合、次の自分ターンのバトルフェイズをスキップする。

墓地の炎属性モンスターが5体のみの場合、手札から特殊召喚できるモンスター

特殊召喚に成功した場合、相手モンスター1体を破壊し、その元々の攻撃力分の半分のダメージをお互いに与えることができます。

【サラマングレイト】は炎属性の墓地調整がしやすいテーマなので、中盤以降は簡単に特殊召喚することができます。

突破力も高く、効果も《転生炎獣ヒートライオ》と相性補完できているためアタッカーとしても優秀。

こちらも《転生炎獣エメラルド・イーグル》の儀式素材としても使えるレベル8です。

【エレメントセイバー】と混合して特化してみるのもいいかもしれません。

《業火のバリア -ファイヤー・フォース-》

①:相手モンスターの攻撃宣言時に発動できる。
相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊し、自分はこの効果で破壊したモンスターの元々の攻撃力を合計した数値の半分のダメージを受ける。
その後、自分が受けたダメージと同じ数値分のダメージを相手に与える。

相手の攻撃宣言時、相手フィールドの攻撃表示モンスターを全て破壊し、その攻撃力の合計の半分のダメージをお互いに与えるカード

【転生炎獣】のビートダウン能力は低速なので除去&ダメージリソースとして採用する価値は十分にあります。

除去のされやすさは致し方なしですが、イメージにピッタリのカードなのでいかがでしょう?

《魔封じの芳香》

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、お互いに魔法カードはセットしなければ発動できず、セットしたプレイヤーから見て次の自分ターンが来るまで発動できない。

魔法の発動を2ターン遅らせるカード

大部分のデッキでは魔法カードが採用されているため、ゲームスピードの低速化が期待できます。

《転生炎獣ヒートライオ》の的を用意することにも繋がるため、間接的にアドバンテージを取りやすくなります。

また、自分は墓地の《転生炎獣フォクシー》を使えばいつでもロックを解除できるため、攻め込む際にも特に問題はありません。

ドロー&サーチサポート

《サイバネット・バックドア》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分フィールドのサイバース族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外し、そのモンスターの元々の攻撃力より低い攻撃力を持つサイバース族モンスター1体をデッキから手札に加える。
この効果で除外したモンスターは次の自分スタンバイフェイズにフィールドに戻り、そのターン直接攻撃できる。

サイバース族1体を一時的に除外し、その除外したモンスターの攻撃力未満のサイバース族1体をサーチできるカード

除外したモンスターは直接攻撃が可能になります。

《転生炎獣ヒートライオ》は攻撃力2300なので下級「サラマングレイト」は全てサーチ可能になります。

《転生炎獣ヒートライオ》は元々相手ターンを迎えるには心もとないので、除去や攻撃に対してチェーンできる点は噛み合っています。

展開しやすくなる《サイバース・ガジェット》なども少量採用しておくと戦術の幅が広がります。

《リターン・オブ・ザ・ワールド》

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから儀式モンスター1体を除外する。
②:このカードを墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスター1体をリリース、またはリリースの代わりに自分の墓地の儀式モンスター1体をデッキに戻し、
このカードの①の効果で除外したモンスターを儀式召喚する。
●このカードの効果で除外したモンスターを手札に加える。

儀式魔法なしで儀式召喚できるカード

墓地の儀式モンスターをリリースの代わりにデッキに戻すこともできるため消費も少なくて済みます。

《転生炎獣エメラルド・イーグル》を純粋なアタッカーとして採用した場合、候補になります。

《転生炎獣の降臨》は《転生炎獣ファルコ》によって墓地からセットすることができるため枚数は控えめでも大丈夫です。

このカードで儀式召喚することで、《転生炎獣エメラルド・イーグル》の追加効果も相手ターン中に発動できるため、そのポテンシャルを遺憾なく発揮させることができます。

それでもかなりお膳立てしないといけないので【転生炎獣】本来の動きが鈍らないように注意です!

《儀式の下準備》を採用する場合はリンク1《リンク・ディサイプル》を出せるようにしておくのがおすすめです。

採用しておきたいEXデッキのモンスター

リンク召喚メインのデッキなので

・《フレイム・アドミニスター》

・《ドリトル・キメラ》

・《トロイメア・フェニックス》

・《トランスコード・トーカー》

・《ヴァレルロード・ドラゴン》

あたりはほぼ必須になります

《サイバース・クロック・ドラゴン》

星7/闇属性/サイバース族/ATK2500/DEF2000
「クロック・ワイバーン」+リンクモンスター1体以上
①:このカードの融合召喚成功時に発動できる。
その素材のリンクマーカーの合計分だけ、自分のデッキの上からカードを墓地へ送る。
次のターン終了時まで、他の自分のモンスターは攻撃できず、このカードの攻撃力はこの効果で墓地へ送った数×1000アップする。
②:自分フィールドにリンクモンスターが存在する限り、自分フィールドの他のモンスターを、相手は攻撃・効果の対象にできない。
③:融合召喚したこのカードが相手の効果で墓地へ送られた場合に発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

リンクモンスターを素材とする融合モンスター

【転生炎獣】では攻撃力4500~5500のフィニッシャーとして活躍します。

③の効果で《転生炎獣の意志》をサーチできるため序盤から出していくことも考えられます。

《クロック・スパルトイ》を経由すれば《サイバネット・フュージョン》を簡単にサーチできるため搭載しておいて損はしません。

まとめ

まだカードプールも広がっていないため、新規カードが登場次第追記していきます。

少ししか紹介できませんでしたが、まだまだ可能性は広がっていきそうですね。

個人的にかなり期待しているテーマなので、いいアイデアがありましたらコメントにお願いします!