【魔導獣】相性の良いカード集

【魔導獣】に相性のいい魔法カード教えて!

もう少し強くしたいと思った方へ

/所要時間5分

【魔導獣】相性の良いカード集

【魔導獣】で解決しなければならないこと

①魔力カウンターへの依存

モンスター効果を無効にされるとそのモンスターの上に置かれていた魔力カウンターが全てなくなります。

《スキルドレイン》等の対策は少なくともしておきたい。

②魔法カードの発動封じ

こちらも【魔導獣】が完全に機能不全を起こすため対策が必要です。

仮想敵は《魔封じの芳香》と《ナチュル・ビースト》あたり

ほかには《醒めない悪夢》が苦手です

③デッキ内の魔法カードの比重が高い

魔力カウンターを必要とする以上、デッキ内の魔法カードが必然的に多くなります。

罠カードなしの構築も十分考えられるので、相手ターンに構えられる速攻魔法も入れておきたい。

【魔導獣】は最低限の弱みの補修をして、残りのデッキスロットで強みを活かしたほうがずっと強くなります。

スポンサーリンク
新着記事も見てね!ゆるく更新中

展開サポート

・《魔導獣 キングジャッカル》や《魔導獣 ジャッカル》で特殊召喚するのが基本なので、これらを引き込むことがそのまま展開に直結します。

そのため特別意識する必要はなさそうです。

《EM オッドアイズ・シンクロン》

星2/闇属性/魔法使い族/ATK 200/DEF 600
【Pスケール:青6/赤6】
①:1ターンに1度、自分フィールドの「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
このターン、その表側表示モンスターをチューナーとして扱い、レベルは1になる。
【モンスター効果】
EXデッキから特殊召喚したこのカードは、S召喚に使用された場合に除外される。
①:このカードが召喚に成功した時、自分の墓地のレベル3以下の、「EM」モンスターまたは「オッドアイズ」モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化される。
②:1ターンに1度、自分のPゾーンのカード1枚を対象として発動できる。
そのカードを効果を無効にして特殊召喚し、そのカードとこのカードのみを素材としてSモンスター1体をS召喚する。

使用するのはモンスター効果の②

Pゾーンのレベル4「魔導獣」とシンクロ召喚してレベル6シンクロを出します。

デッキからのサーチが極めて容易なので、安定して使うことができます。

【魔導獣】の召喚権は《魔導獣 ジャッカル》に使うのが主なので、召喚権をあまり争いません。

【魔導獣】で出したい主な星6シンクロ

《マジック・テンペスター》

フィールドの魔力カウンターを全て取り除き、その数×500ダメージ

《メタファイズ・ホルス・ドラゴン》

Pモンスターを素材にシンクロ召喚した場合、相手モンスター1体のコントロールを奪う

もちろん他のレベル帯も出せます。

《調律》や《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》などでサーチしたい。

Pゾーンの「魔導獣」の効果が無効にされると破壊することができず、後続のPカードが発動できなくなります。

その場合の保険にすることもできます。

《ペンデュラム・スイッチ》

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:自分のPゾーンのカード1枚を対象としてこの効果を発動できる。
そのカードを特殊召喚する。
②:自分のモンスターゾーンのPモンスター1体を対象として発動できる。
そのPモンスターを自分のPゾーンに置く。

Pゾーンとフィールドを移動することができるカード

(「置く」は発動するわけではないので注意!)

《魔導獣キングジャッカル》の効果でEXデッキから特殊召喚するとEXモンスターゾーンを埋めることになります。

このカードでPゾーンを経由して特殊召喚することでメインモンスターゾーンに戻すことができます。

除去から回避させたり、展開に利用したりと何かと器用なカードです。

攻撃&防御サポート

《アストログラフ・マジシャン》

星7/闇属性/魔法使い族/ATK2500/DEF2000
【Pスケール:青1/赤1】
「アストログラフ・マジシャン」のP効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:自分メインフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、手札・デッキから「星読みの魔術師」1体を選び、自分のPゾーンに置くか特殊召喚する。
【モンスター効果】
①:自分フィールドのカードが戦闘・効果で破壊された場合に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚する。
その後、このターンに破壊されたモンスター1体を選び、その同名モンスター1体をデッキから手札に加える事ができる。
②:フィールドのこのカードを除外し、自分の手札・フィールド・墓地から、「ペンデュラム・ドラゴン」「エクシーズ・ドラゴン」「シンクロ・ドラゴン」「フュージョン・ドラゴン」モンスターを1体ずつ除外して発動できる。
「覇王龍ズァーク」1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。

【魔導獣】で使用するのはモンスター効果の①

「魔導獣」を魔法カード扱いでPゾーンに発動し、破壊して個別の効果を発動するとこのモンスターを手札から特殊召喚できます。

その後、このターン破壊されたモンスター1枚をサーチすることができます。

この効果で「魔導獣」をサーチできます。

「魔導獣」のP効果は1ターンに一度しか使えないので次のターンに使うか、モンスターとして使うことになります。

このカード自体もアタッカーになり、魔法使い族のサポートを共有できるので扱いやすい。

戦闘破壊にも対応しているため、防御用にも使うことができます。

《黒牙の魔術師》

星4/闇属性/魔法使い族/ATK1700/DEF 800
【Pスケール:青8/赤8】
①:1ターンに1度、相手フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力をターン終了時まで半分にする。
その後、このカードを破壊する。
【モンスター効果】
このカードはルール上「エクシーズ・ドラゴン」カードとしても扱う。
①:このカードが戦闘・効果で破壊された場合、自分の墓地の魔法使い族・闇属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

P効果で相手の表側表示モンスター1体の攻撃力をターン終了時まで半分にできるモンスター

その後このカードを破壊します。

簡単にPゾーンから自壊できるカードなので【魔導獣】でもペンデュラム召喚が可能になります。

スケールの都合上レベル5~7までしかペンデュラム召喚できませんが、それでも十分消費を抑えて戦うことができるようになります。

事前に墓地に闇属性魔法使い族を送っておけばP効果に連動してモンスター効果で蘇生することもできるため、《黒き森のウィッチ》でも採用しておくと無駄がありません。

《滅びの呪文-デス・アルテマ》

①:自分フィールドにレベル8以上の魔法使い族モンスターが存在する場合に発動できる。
フィールドのカード1枚を選んで裏側表示で除外する。
②:魔法&罠ゾーンのこのカードが相手の効果で破壊された場合に発動できる。
デッキから「マジシャン・オブ・ブラックカオス」または「混沌の黒魔術師」1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。

《魔導獣マスターケルベロス》はレベル8なので発動条件を満たせます。

カードの種類を問わない・対象を取らない・裏側除外を行うカードなので、極めて除去性能が高い。

突破にも牽制にも役立ってくれます。入れるなら2枚がベスト。

②の効果は相手依存なのでお好みでどうぞ!

《狡猾な落とし穴》

自分の墓地に罠カードが存在しない場合に発動できる。
フィールド上のモンスター2体を選択して破壊する。

罠カードはこのカード1枚だけを採用することで確実に発動ができます。

【魔導獣】は罠カードをほとんど入れない構築の方がよく回ります。

そのため、セットしても相手にブラフだと思わせることができます。

他のデッキに比べ魔法・罠が破壊されにくいので、1枚採用しておくと急な展開をされた場合にも引ければ安心です。

構わず魔法・罠を割る相手なら《魔導加速》を伏せて置いておくとベストです。

ドロー&サーチサポート

・多めに入れた方が【魔導獣】は戦いやすい

《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

星7/闇属性/ドラゴン族/ATK2500/DEF2000
【Pスケール:青4/赤4】
「オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン」の①②のP効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分のPモンスターの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージを0にできる。
②:自分エンドフェイズに発動できる。
このカードを破壊し、デッキから攻撃力1500以下のPモンスター1体を手札に加える。
【モンスター効果】
①:このカードが相手モンスターと戦闘を行う場合、このカードが相手に与える戦闘ダメージは倍になる。

P効果の②を主に使用します。

このカードで《魔導獣 ガルーダ》をサーチして相手ターンの牽制に活かすことができます。

《魔導獣 ジャッカル》と《魔導獣 メデューサ》も対応しているので使いわけも可能。

エンドフェイズに破壊されるので、邪魔にならないように「魔導獣」の発動後に行います。

このカードは《螺旋のストライク・バースト》、《融合徴兵》《EMドクロバット・ジョーカー》など多彩なサーチ手段があるので、魔法カードの連発で魔力カウンターを溜めることもできます。

《ペンデュラム・パラドックス》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のEXデッキの表側表示のPモンスターの中から、Pスケールが同じでカード名が異なるモンスター2体を選んで手札に加える。

「魔導獣」は全てPスケール4なので、このカードでEXデッキから回収することは簡単。

再度P効果を活かす布石にすることができます。

アドバンテージを回復する手段なので必ず採用しておきたい。

《デュエリスト・アドベント》

「デュエリスト・アドベント」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分または相手のPゾーンにカードが存在する場合に発動できる。
デッキから「ペンデュラム」Pモンスター1体または「ペンデュラム」魔法・罠カード1枚を手札に加える。

これまで紹介したサーチ対象

・《オッドアイズ・ペンデュラム・ドラゴン》

・《ペンデュラム・パラドックス》

・《ペンデュラム・スイッチ》

幅広いサーチ対象で状況に応じたカードを手札に加えることができます。

他にも様々なカードが対応しているので探してみてくださいね

《成金ゴブリン》

①:自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

発動条件もなく1ドローと使いやすい。

魔力カウンターを溜めるためにも重要です。

魔力カウンター関係

魔力カウンターに関するカードはこちらから

【魔導獣】が現れ、本格的に強化され始めた「魔力カウンター」使用時の注意点も簡単に説明しています

まとめ

【魔導獣】でペンデュラム召喚は難しいかな?と思っていましたが、《魔導獣キングジャッカル》ならできそうです。

ほとんど魔法カードばかりのデッキ構成になりますが、多彩な戦術を組み込むこともできるので、使っていて面白いテーマです。

ぜひ色々考えてみてくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク