【ラヴァル】相性の良いカード集

もっと一気に爆発したい!相性のいいドローカードが知りたい!

《真炎の爆発》と相性のいい守備力200のモンスターって何?と思ったら

/所要時間5分

【ラヴァル】相性の良いカード集

 

【ラヴァル】で解決しなければならないこと

弱点は多いですが、強みを伸ばしたほうがずっと強くなるので参考程度にどうぞ

 

①《真炎の爆発》に全てを賭けている

《真炎の爆発》の発動に全てを注いでいるため、妨害された場合の対処方法がほとんどない

戦略が見透かされているので、相手に戦略を立てられやすいことも問題です。

 

②持久力がない

アドバンテージを回復するカードがあまりなく、安定したデッキに弱いです。

 

③9&10期のパワーが足りない

長らく強化カードが出ていないので、相性のいいカードでデッキパワーを引き上げる必要があります。

 

これらも補修しつつ、強みを伸ばすカードを紹介します。

 

スポンサーリンク

展開サポート

《レッド・リゾネーター》

星2/炎属性/悪魔族/ATK 600/DEF 200
「レッド・リゾネーター」の②の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードが召喚に成功した時に発動できる。
手札からレベル4以下のモンスター1体を特殊召喚する。
②:このカードが特殊召喚に成功した時、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力分だけ自分はLPを回復する。

 

召喚に成功した時、手札からレベル4以下のモンスターを特殊召喚できるモンスター

守備力200の炎属性モンスターなので、《真炎の爆発》に対応しています。

 

チューナーなので、①の効果で特殊召喚したモンスターとすぐにシンクロ召喚できます。

 

炎属性のモンスターを特殊召喚できれば、「ラヴァル」シンクロモンスターにそのまま繋がります。

 

勝負を決められない場合は、《レッド・ライジング・ドラゴン》をシンクロ召喚し、②の効果でLPを回復しつつ、戦線維持を図ることもできます。

 

このカードでLPを回復することはなかなか侮れず、【ラヴァル】が防戦一方の時でも、1ショットキルに届かなくさせるメリットがあります。

 

《コール・リゾネーター》でデッキから手札に加えることもできるので、安定して運用できます。

 

 

《ブースト・ウォリアー》

星1/炎属性/戦士族/ATK 300/DEF 200
自分フィールド上にチューナーが表側表示で存在する場合、このカードは手札から表側守備表示で特殊召喚する事ができる。
このカードがフィールド上に表側表示で存在する限り、自分フィールド上に表側表示で存在する戦士族モンスターの攻撃力は300ポイントアップする。

チューナーが存在する場合、手札から特殊召喚できるモンスター

効果はほとんど使いません。

 

このカードの有無で展開ルートが変わるので、是非とも採用したいカードです。

 

《真炎の爆発》に対応する貴重なチューナー以外のレベル1モンスターなので、【ラヴァル】では重宝します。

 

【炎王】混合

星4/炎属性/獣戦士族/ATK1800/DEF 200
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがフィールドに存在し、モンスターの効果が発動した時に発動できる。
その発動を無効にし、このカード以外の自分の手札・フィールドの炎属性モンスター1体を選んで破壊する。
②:このカードが破壊され墓地へ送られた場合、「炎王獣 ガネーシャ」以外の自分の墓地の炎属性の獣族・獣戦士族・鳥獣族モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
その特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズ時に破壊される。

 

炎属性の大きなサポートをしてくれる【炎王】

下級モンスターのほとんどが《真炎の爆発》に対応しています。

 

《炎王の孤島》や「炎舞」などで手札に加えやすく、《レッド・リゾネーター》や「ラヴァル」チューナーと合わせて、安定してシンクロ召喚に貢献してくれます。

 

また、《炎王獣キリン》は炎属性の墓地送り、《炎王獣ガネーシャ》は無効効果を持っていたりと、活躍の機会は多いです。

 

《炎王の孤島》は上記の恐竜族の《ベビケラサウルス》など破壊に関係するカードとも相性がよく、《真炎の爆発》の下準備に貢献できます。

 

《簡易融合》

「簡易融合」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:1000LPを払って発動できる。
レベル5以下の融合モンスター1体を融合召喚扱いとしてエクストラデッキから特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは攻撃できず、エンドフェイズに破壊される。

 

シンクロ素材のレベル合わせに使用します。

 

使用する融合モンスター

・星1《サウザンド・アイズ・サクリファイス》

・星3炎属性の《炎の騎士 キラー》

チューナー以外のモンスターが不足しがちな【ラヴァル】においてレベル調整ができる便利なカードです。

反面、エクストラデッキの枠を使うので、採用枚数は2枚ほどに抑えておく方が良いでしょう。

 

スポンサーリンク

攻撃サポート

・《真炎の爆発》で一気に勝負を仕掛けるので、半端な攻撃サポートを採用するくらいなら、ドローカードを増やしたほうがよいでしょう。

 

《サイクロン》

①:フィールドの魔法・罠カード1枚を対象として発動できる。
そのカードを破壊する。

魔法・罠破壊の汎用カード

 

《真炎の爆発》の発動前に相手の魔法・罠を破壊して、確実に通すために使います。

《ラヴァル炎湖畔の淑女》の効果でセットカードを破壊できるため、2枚までは対処できます。

 

【ラヴァル】は手札を増やすのが得意ではないので、《ツインツイスター》より《サイクロン》の方が使いやすいでしょう。

もちろん《コズミック・サイクロン》を採用するのもありです。

 

他にも《ハーピィの羽根箒》など使いやすい除去カードを入れておけばOKです。

スポンサーリンク

防御サポート

・《真炎の爆発》を発動できない場合の防御のために採用します

《バトルフェーダー》

星1/闇属性/悪魔族/ATK   0/DEF   0
①:相手モンスターの直接攻撃宣言時に発動できる。
このカードを手札から特殊召喚し、その後バトルフェイズを終了する。
この効果で特殊召喚したこのカードは、フィールドから離れた場合に除外される。

相手の直接攻撃宣言時、特殊召喚してバトルフェイズを終了させるモンスター

 

効果使用後にシンクロ・エクシーズ素材にすることができるため優れています。

チューナー以外のレベル1モンスターは【ラヴァル】では結構重要なので、防御から転じて展開することができる便利なカードです。

 

《キキナガシ風鳥》

ランク1/風属性/鳥獣族/ATK   0/DEF   0
レベル1モンスター×2
①:このカードはモンスターゾーンに存在する限り、他のカードの効果を受けない。
②:1ターンに1度、このカードのX素材を2つ取り除いて発動できる。
このターン、このカードは戦闘では破壊されず、このカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
この効果は相手ターンでも発動できる。

効果を使用すると1ターンのみ鉄壁になるモンスター

 

あらゆる効果を受け付けず、戦闘ダメージも0にするため、「壊獣」以外はひとまず安心です。

 

【ラヴァル】ではレベル1のモンスターが多く、《ブースト・ウォリアー》を始めとする特殊召喚しやすいレベル1も多く搭載されているため、自然に採用することができます。

 

このカードで耐え忍びながら《真炎の爆発》の準備を進めることのできる都合の良いモンスターです。

 

ただし、効果を使った後は邪魔になりやすいので、他のモンスターとリンク素材にする必要があります。

 

スポンサーリンク

ドロー&サーチサポート

・何としても《真炎の爆発》を引き込むために投入することになります

《左腕の代償》

このカードを発動するターン、自分は魔法・罠カードをセットできない。
①:このカード以外の自分の手札が2枚以上の場合、その手札を全て除外して発動できる。
デッキから魔法カード1枚を手札に加える。

 

デッキから任意の魔法を1枚加えるカード

発動のために手札を全て除外する必要があります。

また、発動するターンは魔法・罠をセットできません。

 

《真炎の爆発》を6枚体制にすることができるため、手札に引き込みやすくなります。

反面、《灰流うらら》に弱いので妨害は覚悟の上で使うことになります。

 

恐竜族と混合する場合、《ジャイアント・レックス》を採用していると、このカードの発動時に巻き込んで特殊召喚することもできます。

 

《封印の黄金櫃》

①:デッキからカード1枚を選んで除外する。
このカードの発動後2回目の自分スタンバイフェイズに、この効果で除外したカードを手札に加える。

《左腕の代償》とは違い、発動制限なくサーチできるカード

ただし自分のターンで2ターン待たされます。

 

通常の【ラヴァル】で2ターン待つのはかなり厳しいものがあるので、防御カードを多めに入れて採用するとよいでしょう。

 

《ラヴァル・キャノン》の効果を即座に使うこともできるので、サーチ以外でも活躍できます。

 

《増殖するG》

星2/地属性/昆虫族/ATK 500/DEF 200
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できず、相手ターンでも発動できる。
①:このカードを手札から墓地へ送って発動できる。
このターン、以下の効果を適用する。
●相手がモンスターの特殊召喚に成功する度に、自分はデッキから1枚ドローしなければならない。

 

【ラヴァル】ではドローと展開抑制の役割を持ちます。

相手が躊躇せず特殊召喚を続けたら、《バトルフェーダー》などで守りやすくなります。

まず腐ることはないでしょう。

 

《ドン・サウザンドの契約》

「ドン・サウザンドの契約」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、お互いのプレイヤーは1000LPを失い、それぞれデッキから1枚ドローする。
②:お互いのプレイヤーは、このカードが魔法&罠ゾーンに存在する間にドローしたカード及び、このカードの①の効果でドローしたカードを公開し続ける。
③:このカードの効果で手札の魔法カードを公開しているプレイヤーは、モンスターを通常召喚できない。

お互いに1000LPを払いドローするカード

 

相手のLPを1000減らすことができるため、《真炎の爆発》発動後の1ショットキルに貢献してくれます。

 

このカードと併用して、《暗黒界の取引》や《手札抹殺》なども採用すると②③の効果も活かしやすくなります。

《一時休戦》

①:お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。
次の相手ターン終了時まで、お互いが受ける全てのダメージは0になる。

お互いに1枚ドローし、次の相手ターン終了時までお互いが受ける全てのダメージを0にするカード

《真炎の爆発》を引き込みつつ、防御もこなせるため採用をおすすめします。

 

スポンサーリンク

まとめ

【ラヴァル】は相手の盤面が形成される前に一気に勝負を仕掛けるテーマです。

安定性を取るより爆発力を上げる構築の方が勝率も良いでしょう。

 

防御カードも充実してきているので、なんとか1ショットキルを耐えることもできます。

 

《真炎の爆発》の発動ターンが勝負の分かれ目です。

発動タイミングを見極めて、爽快な勝利を味わってくださいね。

コメント

  1. 匿名 より:

    一通り見たけど全くためにならない記事ばっかり

    クソみたいなブログ増えたなぁ・・・

    • Librarian より:

      コメントありがとうございます。
      お力になれなくてすみません。
      長くプレイされている方とお見受けします。

      このブログがどのような方に向けて書いているブログなのか説明する文がありませんでした。
      申し訳ありません。今後の運営に活かしていきます。
      貴重なご意見ありがとうございました。

タイトルとURLをコピーしました