【剛鬼】相性の良いカード集

もっと楽しく【剛鬼】を遊びたい!

うまく使いこなせないんだけど?と言う方へ

/所要時間5分

【剛鬼】相性の良いカード

 

【剛鬼】は弱点が特にあまりありません。

しいて言えば除去担当のカードがいないため、展開を止められると苦しいことでしょう。

 

強みを伸ばして展開力と持久力を引き上げたい。

 

スポンサーリンク

展開サポート

テーマ紹介の展開例で示した通り《聖騎士の追想イゾルデ》は採用しておきたい

手札から特殊召喚できる戦士族

《超量士レッドレイヤー》

星5/炎属性/戦士族/ATK2000/DEF 800
「超量士レッドレイヤー」の②③の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、自分の墓地の「超量」カード1枚を対象として発動できる。そのカードを手札に加える。
③:このカードが墓地へ送られた場合、「超量士レッドレイヤー」以外の自分の墓地の「超量」モンスター1体を対象として発動できる。そのモンスターを特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターは効果を発動できない。

 

【剛鬼】は優れたサーチ能力を共通効果として持ち合わせていますが、手札に持て余すことが多くなってしまいます。

 

戦士族の特殊召喚しやすいモンスターを採用することで、リンク召喚に繋げやすくすることができます。

 

個人的なおすすめは《超量士レッドレイヤー》。複数採用することでリンク素材が毎ターン1体分増えます。

《剛鬼ライジングスコーピオ》と《蛮族の狂宴Lv5》を共有できることも大きなメリット

 

他の候補は以下のモンスターです

 

《レスキューフェレット》

星4/地属性/獣族/ATK 300/DEF 100
このカード名の効果は1ターンに1度しか使用できない。
①:フィールドのこのカードを持ち主のデッキに戻して発動できる。
レベルの合計が6になるようにデッキから「レスキューフェレット」以外のモンスターを任意の数だけ選び、リンクモンスターのリンク先となる自分フィールドに特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターの効果は無効化され、エンドフェイズに破壊される。

 

リンク先に合計レベルが6になるようにデッキからモンスターを特殊召喚できるモンスター

 

《剛鬼再戦》と通常召喚で《剛鬼サンダー・オーガ》をリンク召喚し、追加の召喚権で更なる展開が可能になります。

 

テーマ内のレベルが分散していることから特殊召喚も狙いやすく、このカード自体の使いまわしも効くので便利なカードです。

呼び出した「剛鬼」のサーチ効果は無効にならないので、存分に展開に使えます。

 

《トランスターン》

自分フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を墓地へ送って発動できる。
墓地へ送ったモンスターと種族・属性が同じでレベルが1つ高いモンスター1体をデッキから特殊召喚する。
「トランスターン」は1ターンに1枚しか発動できない。

 

自分のモンスター1体をコストにレベルが一つ高い同ステータスのモンスターを特殊召喚するカード

 

【剛鬼】はレベルが分散しており、軽々と発動できる上、サーチ効果も使えて一石二鳥です。

同様に《ダウンビート》を採用するのもいいですね。

 

《やりすぎた埋葬》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:手札からモンスター1体を捨て、捨てたモンスターより元々のレベルが低い自分の墓地のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚し、このカードを装備する。
②:装備モンスターの効果は無効化される。

 

手札コストにしたモンスターよりレベルの低いモンスター1体を効果を無効にして蘇生するカード

 

手札で溜まりがちなレベルの高い「剛鬼」をコストに展開力を増やす役目。

手札から捨てた「剛鬼」を《剛鬼再戦》で特殊召喚できれば理想的。

 

《聖騎士の追想イゾルデ》のコストにもできるため3枚採用しておいても問題ないです。

 

スポンサーリンク

攻撃&防御サポート

・除去カードを採用して【剛鬼】のサポートすると戦いやすい

・汎用カードでOK

《海亀壊獣ガメシエル》

星8/水属性/水族/ATK2200/DEF3000
①:このカードは相手フィールドのモンスター1体をリリースし、手札から相手フィールドに攻撃表示で特殊召喚できる。
②:相手フィールドに「壊獣」モンスターが存在する場合、このカードは手札から攻撃表示で特殊召喚できる。
③:「壊獣」モンスターは自分フィールドに1体しか表側表示で存在できない。
④:相手が「海亀壊獣ガメシエル」以外の魔法・罠・モンスターの効果を発動した時、自分・相手フィールドの壊獣カウンターを2つ取り除いて発動できる。
その発動を無効にし除外する。

 

【剛鬼】で突破できないモンスターの処理担当。

《剛鬼 ザ・グレート・オーガ》を出した上で特殊召喚すると、ダイレクトアタックに等しいダメージを与えられます。

 

特に腐ることはないと思うので取りあえず入れてみるのもOK

 

《バージェストマ・ディノミスクス》

①:フィールドの表側表示のカード1枚を対象として発動できる。
手札を1枚捨て、対象のカードを除外する。
②:罠カードが発動した時、その発動にチェーンしてこの効果を墓地で発動できる。
このカードは通常モンスター(水族・水・星2・攻1200/守0)となり、モンスターゾーンに特殊召喚する(罠カードとしては扱わない)。
この効果で特殊召喚したこのカードはモンスターの効果を受けず、フィールドから離れた場合に除外される。

 

表側表示のカードを1枚破壊できるカード

 

【剛鬼】は手札コストに困らないので自然に採用でき、ついでにリンク素材にできて便利です。

 

スポンサーリンク

ドロー&サーチ サポート

・テーマ内でサーチが完結しているので少なめでも安心

《貪欲な壺》

①:自分の墓地のモンスター5体を対象として発動できる。
そのモンスター5体をデッキに加えてシャッフルする。
その後、自分はデッキから2枚ドローする。

 

【剛鬼】のサーチ能力を使い果たすほど戦うことは少ないものの、サーチ先の回復は大きく安心してサーチを行うことができます。

 

《剛鬼再戦》で特殊召喚しておく「剛鬼」を残しつつ、リンクモンスターも戻せれば理想的。

 

《バウンドリンク》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:自分のフィールド・墓地のリンクモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを持ち主のEXデッキに戻し、そのリンクマーカーの数だけ、自分はデッキからドローする。
その後、ドローした数だけ手札を選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

 

自分フィールド・墓地のリンクモンスター1体をEXデッキへ戻し、そのリンクマーカーの数だけドローし、その枚数分手札をデッキの下に戻すカード

 

リンクモンスターを使った単純な手札入れ替えカード

【剛鬼】は手札に「剛鬼」が溜まりやすく、その用途に困ることもままあるので、このカードで戻してやることで別のカードを引くことができます。

 

「剛鬼」の優秀なサーチ効果のおかげで実質的なドローカードとして使えます。

 

スポンサーリンク

採用したいリンクモンスター

「トロイメア」


複数体の相互リンクを目指すテーマ

【剛鬼】の展開力なら1ターンのうちに何体もリンクモンスターを出すことが可能です。

 

そのまま物量で押し切って勝利したい場合や先行で封殺してしまう際に採用できます。

ただしEXデッキは圧迫します。

 

《鎖龍蛇-スカルデット》

地属性/ドラゴン族/ATK2800/LINK4
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
カード名が異なるモンスター2体以上
①:このカードは、このカードのリンク素材としたモンスターの数によって以下の効果を得る。
●2体以上:このカードのリンク先にモンスターが召喚・特殊召喚された場合に発動する。
そのモンスターの攻撃力・守備力は300アップする。
●3体以上:1ターンに1度、自分メインフェイズに発動できる。
手札からモンスター1体を特殊召喚する。
●4体:このカードがリンク召喚に成功した時に発動できる。
自分はデッキから4枚ドローし、その後手札を3枚選んで好きな順番でデッキの下に戻す。

 

展開力の補助と手札交換ができるリンクモンスター

 

手札に「剛鬼」ばかりで他のカードを引き込みたい時に使えます。

手札交換の効果をチェーン1にして「剛鬼」のサーチ効果を重ねていくと、実質ドロー枚数が増えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

【剛鬼】はシンクロ召喚やペンデュラム召喚など構築の幅が広いため構築も楽しくできます。

 

飽きずに遊べるテーマなのでぜひ色々考えてみて下さいね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました