【F.A.】相性の良いカード集

他の【F.A.】が待ち切れない!早くデッキを組みたい!

相性のよいカードって何?と思ったら

/所要時間5分

【F.A.】相性の良いカード集

 

【F.A.】で解決しなければならないこと

※暫定的なものになります。カード数が少ないため一概には言えません。

 

①レベル変動のカードが必要になる

単体であまり役に立たないレベル変動カードをデッキに入れる必要があり、どうしても手札事故が発生してしまいます。

なるべく使い減りしないようなレベル変動カードを使いましょう。

 

②戦闘以外でアドバンテージを取ることが難しい

テーマ内に除去効果を持つカードがないため、汎用カードで補う必要があります。

また、妨害を頻繁に行うデッキとの対戦は苦手とします。

 

③効果無効にとことん弱い

「F.A.」モンスターのステータスは攻守0のため、《スキルドレイン》が非常に刺さります。

《サイクロン》などを握っていないと勝利は絶望的になります。

 

以上から

・使いやすいレベル変動カード

・戦闘以外のアドバンテージ取得方法

これらを行うカードも紹介します。

 

スポンサーリンク

レベル変動サポート

・《ギャラクシー・クイーンズ・ライト》などがありますが、使い切りになりやすいため別記事にて紹介します。

 

《召喚師ライズベルト》

星3/風属性/サイキック族/ATK 800/DEF 800
【Pスケール:青2/赤2】
①:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターのレベルを1つ上げる。
【モンスター情報】
妹セームベルをとても大事に想っている、心優しき兄ライズベルト。
昼下がりの午後に妹と一緒に魔術書を読む時間は毎日の日課になっており、そんな二人の仲睦まじい様子に周囲の人は自然と心が癒されてしまう。

 

P効果で1ターンに1度フィールドのモンスターのレベルを1つ上げることができます。

発動ターン以降もレベルは上昇したままなので、繰り返し使うことができます。

 

《マーシャリング・フィールド》

①:このカードが魔法&罠ゾーンに存在する限り、自分は機械族以外のモンスターを特殊召喚できない。
②:1ターンに1度、5~9までの任意のレベルを宣言して発動できる。
自分フィールドのレベル5以上の機械族モンスターのレベルは宣言したレベルになる。
③:自分フィールドの機械族Xモンスターが破壊される場合、代わりにこのカードを墓地へ送る事ができる。
④:このカードがフィールドから墓地へ送られた場合に発動できる。
自分のデッキ・墓地から「RUM-アージェント・カオス・フォース」1枚を選んで手札に加える。

 

【F.A.】で主に使うのは②の効果です。迷わずレベル9を宣言していくことになります。

エンドフェイズ以降もレベルが下がらない上、このカードが破壊されてもレベルが下がることはありません。

 

レベル5以上の機械族が②の対象となりますが、《F.A.サーキットGP》がフィールドにある場合は、バトルフェイズ中にレベルが2上がります。

つまり、②の効果をバトルフェイズ中に発動することで、「F.A.」はレベル9になることができます。

さらに、以降のバトルフェイズ中はレベル11になります。

 

場合によっては②の効果でレベル5を宣言し、「F.A.」を含む機械族モンスターで《サイバー・ドラゴン・ノヴァ》を経由して《サイバー・ドラゴン・インフィニティ》をエクシーズ召喚することにもなるでしょう。

③の効果も活かすことができ、妨害として有効な手段となります。

 

①の効果で機械族以外特殊召喚できなくなる点は注意が必要。

必然的に機械族中心のデッキ構築を余儀なくされます。

 

④の効果のために《RUM-アージェント・カオス・フォース》を1枚だけ入れて手札コストに使うのもありだと思います。

 

《強化蘇生》

①:自分の墓地のレベル4以下のモンスター1体を対象としてこのカードを発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。
そのモンスターは、レベルが1つ上がり、攻撃力・守備力が100アップする。
そのモンスターが破壊された時にこのカードは破壊される。

 

蘇生しながら「F.A.」モンスターのステータスを400上げることができます。

しかし、やっと攻撃力1600なので別のカードのサポートを必須とします。

 

《F.A.サーキットGP》がなくともレベル5になるため《マーシャリング・フィールド》の②の効果に対応できるようになることも重要です。

 

《サイバードラゴン・ノヴァ》のエクシーズ素材にしやすくなるため狙うのもいいでしょう。

スポンサーリンク

展開サポート

・数少ない「F.A.」モンスターをまずフィールドに出す必要があります

・「F.A.」モンスター以外に戦線維持できるカードも必要

 

【水晶機巧】混合

 

同じく機械族のテーマ【クリストロン】を混合させたデッキ

相手ターンにシンクロ召喚していく戦術を得意とします。

 

「F.A.」モンスターのいない《F.A.サーキットGP》は無意味なカードになるため「クリストロン」の共通効果で破壊して、「F.A.」カードのサーチに繋げることができます。

 

自然に《クリッター》などの万能サーチカードも採用でき、【F.A.】と盤面を構築するスピードがほぼ同じなため、お互いの動きをあまり阻害しません。

 

墓地を除外してアドバンテージを得るモンスターが多く、展開を主に特殊召喚で行うため、通常召喚権を「F.A.」に使うことができます。

また、レベル変動カードをシンクロ召喚にも使うことができるため、相性が良いといえます。

 

自分のターンは「F.A.」モンスターで攻撃

相手のターンは「クリストロン」で迎撃

という戦術を取れればベストです。

 

【幻獣機】混合

 

風属性・機械族と「F.A.」と同じステータスを持つテーマ

レベルを上昇させシンクロ・エクシーズに繋げる戦術を得意とします。

 

レベル変動カードを使いやすくなる上、《同胞の絆》を採用できるようになります。

また、《マーシャリング・フィールド》の③の効果で《幻獣機ドラコサック》を守れるようになるため、エクシーズ召喚よりの戦術を組み込んだほうが良いでしょう。

 

《機甲部隊の最前線》

機械族モンスターが戦闘によって破壊され自分の墓地へ送られた時、そのモンスターより攻撃力の低い、同じ属性の機械族モンスター1体を自分のデッキから特殊召喚する事ができる。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

フィールドの機械族を全てリクルーターにする効果をもつ永続魔法

 

「F.A.」の元々の攻撃力は0のため、ほぼ全ての機械族から特殊召喚することができます。

 

ただし、参照する攻撃力は墓地での攻撃力のため、「F.A.」が戦闘破壊された場合はデッキから特殊召喚できません。

 

スポンサーリンク

攻撃サポート

・順調に「F.A.」のレベルを上昇できればあまり必要になりません

 

《リミッター解除》

①:自分フィールドの全ての機械族モンスターの攻撃力は、ターン終了時まで倍になる。
この効果が適用されているモンスターはこのターンのエンドフェイズに破壊される。

 

レベル7を超えた《F.A.ソニックマイスター》がこの効果を受けると2回攻撃で攻撃力5000前後になるため、容易に1ショットキルを狙うことができます。

勝てる場面で発動するのが基本になります。

 

スポンサーリンク

防御サポート

・妨害に徹したほうが結果的に「F.A.」を守ることができます。特別変わったカードを紹介するわけではないので簡単に説明します。

・《サイクロン》等のカードは少し多めにとると良いでしょう。

 

《底なし落とし穴》

①:相手がモンスターの召喚・反転召喚・特殊召喚に成功した時に発動できる。
そのモンスターを裏側守備表示にする。
この効果で裏側守備表示になったモンスターは表示形式を変更できない。

 

厄介なモンスターを裏側守備表示にすることで、モンスター効果を封じます。

《F.A.サーキットGP》でのドローも狙いやすくなります。

 

他のカード

・《神の宣告》シリーズ

・《砂塵のバリアーダスト・フォース》

など

スポンサーリンク

ドロー&サーチサポート

・《F.A.サーキットGP》を維持することで十分なドローが期待できます

《強欲で謙虚な壺》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:自分のデッキの上からカードを3枚めくり、その中から1枚を選んで手札に加え、その後残りのカードをデッキに戻す。

 

「F.A.」モンスターは特殊召喚を行わずとも戦えるため、全くデメリットになりません。

せいぜい自分のターンで《強化蘇生》を使えなくなることぐらいです。

 

初動から【F.A.】の安定度を高めてくれます。

 

《命削りの宝札》

「命削りの宝札」は1ターンに1枚しか発動できず、このカードを発動するターン、自分はモンスターを特殊召喚できない。
①:自分は手札が3枚になるようにデッキからドローする。
このカードの発動後、ターン終了時まで相手が受ける全てのダメージは0になる。
このターンのエンドフェイズに、自分の手札を全て墓地へ送る。

 

デッキ内のモンスターを絞れば、最大3枚ドローが狙えるカード

このカードを使う場合は【バージェストマ】と混合することをおすすめします。

 

妨害札を「バージェストマ」カードに任せられるだけでなく、除外されたカードを墓地へ戻す《バージェストマ・レアンコイリア》を有効に活用できるようになります。

 

除外した《F.A.ダウンフォース》を使いまわすことができるため相性がよいです。

スポンサーリンク

まとめ

【F.A.】はまだまだ数が少なく、これから方向性が固まってくるテーマになります。

誰よりも早く研究して、まだ見ぬ「F.A.」の登場と共に一番の【F.A.】使いになれるでしょう。

レベルと活かした戦術は奥が深いため色々考えてみてはいかが?

 

こちらもどうぞ

【レベルトリック】サポートカード15選
他のモンスターのレベルを変化させるカードの紹介です。シンクロやエクシーズ、【F.A.】のお供にどうぞ

コメント

タイトルとURLをコピーしました