End of the World【デミス&ルイン】カード紹介

歴戦の儀式モンスターが復活する時

終焉の闇と破滅の光が世界を覆い尽くす…

4/14 サンプルデッキを作成しました

/所要時間5分

【デミス&ルイン】カード紹介

テーマではありませんが、待望のリメイクにより2体を共闘させるデッキを組みやすくなったので紹介!

《終焉の王デミス》も《破滅の女神ルイン》も魅力的なモンスターなだけに嬉しいですね!

手札・フィールドで《終焉の王デミス》または《破滅の女神ルイン》として扱う共通効果もあるのでカード名のサポートを受けることができます。

儀式モンスターが多いためデッキバランスには注意が必要ですが、はまれば面白いデッキになってくれそうです!

画像は発売後に更新します!

スポンサーリンク

モンスター

《終焉の悪魔デミス》

星4/闇属性/悪魔族/ATK1800/DEF1000
「エンドレス・オブ・ザ・ワールド」により降臨。
①:このカードのカード名は、手札・フィールドに存在する限り「終焉の王デミス」として扱う。
②:このカードが儀式召喚に成功した場合に発動する。
フィールドの表側表示モンスター1体を選んで破壊する。
③:このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの儀式モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターが自分フィールドに表側表示で存在する限り、自分の儀式モンスターの効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。

儀式召喚に成功した場合、フィールドの表側表示モンスター1体を選んで破壊する(強制効果)モンスター

対象を取らない除去ができるため除去性能は悪くないものの、儀式召喚をする消費の割にあうかは少し疑問が残ります。

基本的には③の墓地へ送られた場合、「儀式モンスターの効果発動時、相手はカード効果が発動できない」を付与できる効果を目的に採用するといいでしょう。

後述する《終焉の王デミス》の効果発動を妨害されなくなることで確実に全体除去を通すことができます。

レベル4の儀式モンスターなので《儀式の準備》でサーチできることも大事。

《破滅の天使ルイン》

星4/光属性/天使族/ATK1700/DEF1000
「エンドレス・オブ・ザ・ワールド」により降臨。
①:このカードのカード名は、手札・フィールドに存在する限り「破滅の女神ルイン」として扱う。
②:このカードが儀式召喚に成功した場合に発動する。
このターン、このカードは1度のバトルフェイズ中に2回までモンスターに攻撃できる。
③:このカードが墓地へ送られた場合、自分フィールドの儀式モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターが自分フィールドに表側表示で存在する限り、自分の儀式モンスターの攻撃宣言時に相手はカードの効果を発動できない。

儀式召喚に成功した場合、2回モンスターへ攻撃できるモンスター

基本的にステータスが貧弱なので儀式召喚する場面はほとんどないでしょう。

このカードも同じく③の墓地へ送られた場合、「儀式モンスターの攻撃宣言時、相手はカード効果を発動できない」を付与する効果を目的に採用します。

このカードを含めた《破滅の女神ルイン》系モンスターは全て光属性なので《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》によりサーチ可能です。

手札に狙った儀式モンスターを加えやすいので素材にも使いやすいのがメリットです。

《終焉の王デミス》

星8/闇属性/悪魔族/ATK2400/DEF2000
「エンド・オブ・ザ・ワールド」により降臨。
①:2000LPを払って発動できる。
フィールドの他のカードを全て破壊する。

2000LP払うことでフィールドの自身以外のカード全てを破壊するモンスター

昔は珍しかった1ターンキルのデッキを実践級まで押し上げた功績者でもあります。

ライフコストはかなり多いものの、全体除去自体は今でも強力。手札に加える方法が豊富なので主軸にして戦うのも十分ありです。

儀式召喚しやすいので全体除去の後、他のレベル8と合わせてランク8を狙ってみるのも面白いかもしれません。

《破滅の女神ルイン》

星8/光属性/天使族/ATK2300/DEF2000
「エンド・オブ・ザ・ワールド」により降臨。
①:このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

2回モンスターに攻撃できるモンスター

《エンドレス・オブ・ザ・ワールド》等のテキストに記されていることから、《終焉の王デミス》と共に《儀式の下準備》に対応しているというメリットが存在します。

ステータスはお世辞にも高いとは言えませんが、儀式召喚のしやすさから言えばかなり優遇されているカードと言えるでしょう。

《トレード・イン》の手札コストとしてデッキの潤滑油とするのもよさそうですね。

《終焉の覇王デミス》

星10/闇属性/悪魔族/ATK3000/DEF3000
「エンドレス・オブ・ザ・ワールド」により降臨。
①:このカードのカード名は、手札・フィールドに存在する限り「終焉の王デミス」として扱う。
②:儀式召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分の儀式モンスターは戦闘では破壊されない。
③:儀式モンスターのみを使用して儀式召喚したこのカードの効果を発動するために払うLPは必要なくなる。
④:1ターンに1度、2000LPを払って発動できる。
フィールドの他のカードを全て破壊し、破壊した相手フィールドのカードの数×200ダメージを相手に与える。

儀式召喚したこのモンスターが存在する限り、儀式モンスターへ戦闘破壊耐性を付与するモンスター

また、2000LP払うことで自身以外のフィールドの全てのカードを破壊し、破壊した相手のカード数×200のダメージを与えることができます。

全体除去+ダメージ&直接攻撃が決まれば4000ダメージほど期待することができます。

ただし、LPコストが重いので③の儀式モンスターのみを素材として儀式召喚した場合、LPコストを0にすることも視野にいれて運用したいところ。

《破滅の美神ルイン》

星10/光属性/天使族/ATK2900/DEF3000
「エンドレス・オブ・ザ・ワールド」により降臨。
①:このカードのカード名は、手札・フィールドに存在する限り「破滅の女神ルイン」として扱う。
②:儀式召喚したこのカードがモンスターゾーンに存在する限り、自分フィールドの儀式モンスターは効果では破壊されない。
③:儀式モンスターのみを使用して儀式召喚したこのカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃できる。
④:このカードが戦闘で相手モンスターを破壊した場合に発動できる。
そのモンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

儀式召喚したこのモンスターが存在する限り、自分の儀式モンスターへ効果破壊耐性を付与する・モンスターを破壊した場合、その元々の攻撃力分のダメージを与えることができるモンスター

破壊耐性ももつため安定して戦うことができる儀式モンスターです。

儀式モンスターのみを儀式素材とした場合、2回攻撃できるようになるため、単体でも6000近いダメージを叩き出すことができます。

LPコストがかさむ《終焉の覇王デミス》より使いやすいため、まずはこちらを主軸にして考えた方がデッキが安定しやすくなります。

魔法・罠

《エンドレス・オブ・ザ・ワールド》

「破滅の女神ルイン」「終焉の王デミス」の降臨に必要。
①:レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分フィールドのモンスターをリリースし、手札から「破滅の女神ルイン」または「終焉の王デミス」を儀式召喚する。
②:墓地のこのカードをデッキに戻して発動できる。
デッキから「エンド・オブ・ザ・ワールド」1枚を手札に加える。
その後、自分の墓地から「破滅の女神ルイン」または「終焉の王デミス」1枚を選んで手札に加える事ができる。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

レベルの合計が儀式モンスター以上になるように、フィールドのモンスターをリリースすることで手札からルイン&デミスを儀式召喚させるカード

【デミス&ルイン】のキーカード

フィールドのモンスターしか儀式素材に使えないため、儀式召喚には多少の工夫が必要です。

同パックに収録されている「魔神儀」の効果を使うと儀式素材を揃えるのが簡単になります。

墓地からデッキに戻すことで、デッキから《エンド・オブ・ザ・ワールド》1枚と墓地からデミス&ルイン1体を手札に加えることもできます。

レベル8の《終焉の王デミス》と《破滅の女神ルイン》しか墓地から回収できませんが、0枚から2枚のアドバンテージになる破格の効果です。

せっかくならこの効果も活かせるように構築したいところ。

《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》で《エンド・オブ・ザ・ワールド》をデッキ・墓地へ行き来させることも可能なのでおすすめです。

《エンド・オブ・ザ・ワールド》

「破滅の女神ルイン」「終焉の王デミス」の降臨に使用する事ができる。
フィールドか手札から、儀式召喚するモンスターと同じレベルになるように生け贄を捧げなければならない。

※生け贄はリリースのこと

デミス&ルインを儀式召喚するカード

こちらはレベルをちょうどにする必要がある代わりに、手札・フィールドのモンスターを儀式素材にできます。

《エンドレス・オブ・ザ・ワールド》の②の効果を最大に活かすためにも最低1枚は採用しておきたいカードです。

《リバース・オブ・ザ・ワールド》

このカード名のカードは1ターンに1枚しか発動できない。
①:レベルの合計が儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、手札の儀式モンスターをリリースし、手札・デッキから「破滅の女神ルイン」または「終焉の王デミス」を儀式召喚する。

手札の儀式モンスターを儀式素材にデッキ・手札から《破滅の女神ルイン》or《終焉の王デミス》を儀式召喚できるカード

速攻魔法で儀式召喚できる特徴的なカードですが、デミス&ルインの効果の都合上、実際には相手ターンに特殊召喚する意味はほとんどありません。

このカードはデッキから儀式召喚できる点に重きを置いて採用するといいでしょう。

その場合、レベル8デミス&ルインしか儀式召喚できないため必然的にその2体がメインのデッキになりやすいです。

《ブレイク・オブ・ザ・ワールド》

①:1ターンに1度、自分フィールドの儀式モンスター1体を対象として発動できる。
手札の儀式モンスター1体をターン終了時まで公開する。
その公開した儀式モンスターのレベルはターン終了時まで、対象のモンスターのレベルと同じになる。
②:1ターンに1度、自分フィールドに「破滅の女神ルイン」または「終焉の王デミス」が儀式召喚された場合、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●自分デッキから1枚ドローする。
●フィールドのカード1枚を選んで破壊する。

フィールドの儀式モンスターのレベルを、ターン終了時まで手札の公開した儀式モンスターと同じにするカード

《エンドレス・オブ・ザ・ワールド》の発動とレベル10デミス&ルインの効果補助のためにデザインされており、コンボ前提のカードになります。

一度儀式召喚した儀式モンスターを蘇生させることで①の効果を使いやすくすることができます。

主にデミス&ルインの儀式召喚時、1ドローorフィールドのカード選んで1枚破壊もできます

【デミス&ルイン】は破壊が得意なので主にドローを狙っていくといいでしょう。

《リターン・オブ・ザ・ワールド》

このカード名の①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:このカードの発動時の効果処理として、デッキから儀式モンスター1体を除外する。
②:このカードを墓地へ送り、以下の効果から1つを選択して発動できる。
●儀式召喚するモンスターのレベル以上になるように、自分の手札・フィールドのモンスター1体をリリース、またはリリースの代わりに自分の墓地の儀式モンスター1体をデッキに戻し、このカードの①の効果で除外したモンスターを儀式召喚する。
●このカードの効果で除外したモンスターを手札に加える。

発動時に除外した儀式モンスターを儀式魔法なしで儀式召喚するor手札に加えることができるカード

1ターン中に①②の一方しか効果を使うことができませんが、儀式召喚に必要な消費を減らすことができる画期的なカードです。

特に【デミス&ルイン】の場合、レベル10のデミス&ルインの追加効果のための儀式モンスターを簡単に調達できるため、非常に相性がいいです。

さらに儀式召喚のためのレベルを合わせる必要がないので、複数の儀式モンスターを抱える【デミス&ルイン】の様々なレベルの儀式モンスターを儀式召喚することができます。

相性のいいカード

《祝福の教会-リチューアル・チャーチ》

「祝福の教会-リチューアル・チャーチ」の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:自分の手札から魔法カード1枚を捨ててこの効果を発動できる。
デッキから光属性の儀式モンスター1体または儀式魔法カード1枚を手札に加える。
②:自分の墓地の魔法カードを任意の数だけデッキに戻し、デッキに戻した数と同じレベルを持つ、自分の墓地の天使族・光属性モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを特殊召喚する。

手札の魔法1枚を捨てて、デッキから光属性の儀式モンスターor儀式魔法1枚をサーチできるカード

【デミス&ルイン】ではルインと儀式魔法のサーチの役目があります。

また、「魔神儀」の公開コストをうまく調整することができるため、「魔神儀」を採用する際は半ば必須といってもいいでしょう。

さらに墓地の魔法カードを任意の数デッキへ戻し、戻した数と同じレベルの光属性天使族モンスター1体を墓地から特殊召喚することができます。

この効果により《エンド・オブ・ザ・ワールド》などをデッキに戻すことでサーチ対象の枯渇を防ぐことができます。

サンプルデッキ

儀式モンスター多めのデッキなので構築のバランスが難しいと思います。

うまく回らないな…と思った方はこちらを参考にどうぞ!

画像元 ガチャログ さんより

構築段階で儀式召喚しやすいようにレベルを統一させるとうまく回るようになります。

儀式モンスターと儀式魔法のためのサーチカードでデッキの半分を占めているため、よほどのことがなければ序盤・中盤・終盤と儀式召喚できないことはないでしょう。

高いレアリティのカードはほとんどありませんが儀式サポート1枚が200~300円ほどします。

1から組むとするなら3000~4000円くらいは見積もっておくといいかと思います。

まとめ

【儀式召喚】関連のサポートはこちらからどうぞ!

「魔神儀」もこちらで紹介しています。

他の召喚法にはない独特の魅力がある【儀式召喚】消費は激しいもののサポートは優秀なものが揃っています

思い出深い人も、まだよく分からない人もきっと楽しく遊べるので儀式召喚したいなって人はぜひ集めてみて下さい!

スポンサーリンク
スポンサーリンク