【エレメントセイバー】相性の良いカード集

組み合わせるカードは様々

相性の良いカード募集中です

/所要時間5分

【エレメントセイバー】相性の良いカード

 

【エレメントセイバー】で解決しなければならないこと

 

①フィールド魔法への大きな依存

《霊神の聖殿》がない場合、手札コストを払うため手札の枯渇が激しい。

 

②序盤の遅さ

「エレメントセイバー」及び「霊神」では準備に時間がかかり、その間に押し負けてしまいます。

また、除去手段に乏しく、困る場面も少なくありません。

 

③バトルフェイズスキップ

バトルフェイズスキップによって攻撃や展開のテンポが遅れます。スキップしたターンの動き方も考えておきたい。

 

 

【エレメントセイバー】は初めから出来のいいデッキを作るのは難しいと思います。

何度も調整して自分なりのデッキを作るのがこのテーマを楽しむコツです。

 

スポンサーリンク

展開サポート

《真炎の爆発》

自分の墓地から守備力200の炎属性モンスターを可能な限り特殊召喚する。
この効果で特殊召喚したモンスターはこのターンのエンドフェイズ時にゲームから除外される。

 

《エレメントセイバー・マロー》が対応しており、優先的に墓地へ送ることで展開が可能になります。

ランク3や切り返しの展開などに使えます。

 

《幻創のミセラサウルス》や《ジュラック・アウロ》などを採用して《究極進化薬》と共に《パイロレクス》に特化させるのも面白いかも?

 

《トゥルース・リインフォース》

デッキからレベル2以下の戦士族モンスター1体を特殊召喚する。
このカードを発動するターン、自分はバトルフェイズを行えない。

 

《エレメントセイバー・アイナ》と《エレメントセイバー・マカニ》が対応。

デメリットも【エレメントセイバー】と共通しており、使い勝手がいい。

 

相手ターンに発動すればデメリットは無視できます。

 

チューナーを採用して《水晶機巧-ハリファイバー》やシンクロ召喚の力を借りるのも手です。

 

《聖騎士の追想 イゾルデ》

光属性/戦士族/ATK1600/LINK2
【リンクマーカー:左下/右下】
戦士族モンスター2体
このカード名の①②の効果はそれぞれ1ターンに1度しか使用できない。
①:このカードがリンク召喚に成功した場合に発動できる。
デッキから戦士族モンスター1体を手札に加える。
このターン、自分はこの効果で手札に加えたモンスター及びその同名モンスターを通常召喚・特殊召喚できず、そのモンスター効果も発動できない。
②:デッキから装備魔法カードを任意の数だけ墓地へ送って発動できる(同名カードは1枚まで)。
墓地へ送ったカードの数と同じレベルの戦士族モンスター1体をデッキから特殊召喚する。

 

【エレメントセイバー】の展開要員

テーマ紹介で展開例を示した通り、重要な役目を持ちます。

 

装備魔法は好みで採用すればいいと思います。《天命の聖剣》あたりがおすすめかな?

 

「エレメントセイバー」の展開力は低いため、《フォトン・スラッシャー》など戦士族の特殊召喚できるカードも複数採用しておく必要があります。

 

スポンサーリンク

攻撃サポート

「召喚獣」

「エレメントセイバー」の墓地での属性変更効果を使い、状況に合わせた「召喚獣」を融合召喚できることで戦線維持を任せられます。

 

《盆回し》も自然に採用しやすく、デッキスペースも取らないためおすすめです。

 

《召喚獣プルガトリオ》の打点を《霊神の聖殿》で上げることができるので、メインアタッカーとして運用できます。

 

《カオス・ソルジャー-開闢の使者-》

星8/光属性/戦士族/ATK3000/DEF2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合に特殊召喚できる。
このカードの①②の効果は1ターンに1度、いずれか1つしか使用できない。
①:フィールドのモンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターを除外する。
この効果を発動するターン、このカードは攻撃できない。
②:このカードの攻撃で相手モンスターを破壊した時に発動できる。
このカードはもう1度だけ続けて攻撃できる。

 

こちらも同じく「霊神」を出すまでのアタッカーを務めることができます。

 

攻撃を放棄して、相手モンスターを除外できることもこのデッキと噛み合っています。

 

《天地開闢》を採用することで、「エレメントセイバー」の墓地肥やしにも貢献することができ、2重に相性がいい。

 

このモンスターを採用する場合は、手札事故を避けるため「霊神」の数を減らすか、《トレード・イン》などを入れておきたい。

 

《精霊神后ドリアード》

星9/光属性/魔法使い族/ATK   0/DEF   0
このカードは通常召喚できない。
自分・相手の墓地のモンスターの属性が6種類以上の場合のみ特殊召喚できる。
①:このカードの攻撃力・守備力は、自分・相手の墓地のモンスターの属性の種類×500アップする。
②:相手がモンスターを特殊召喚する際に、自分の墓地のモンスター3体を除外して発動できる。
その特殊召喚を無効にし、そのモンスターを破壊する。

 

「霊神」では行えない制圧を行うことができます。

攻撃力も申し分なく、十分な活躍を見せてくれます。

 

主軸にすることもできるので、「霊神」は《グランソイル》と《ムーラングレイス》の2体だけでいいかもしれません。

 

「エレメントセイバー」で相手の墓地に存在しない属性を宣言していけば、意外と簡単に特殊召喚できます。

 

スポンサーリンク

防御サポート

・汎用カードで十分ですが一応紹介

・除去カードを何枚か積んでおきたい

《一時休戦》

①:お互いのプレイヤーは、それぞれデッキから1枚ドローする。
次の相手ターン終了時まで、お互いが受ける全てのダメージは0になる。

 

1ターンの延命とドローができるカード

 

バトルフェイズスキップが起こったターンの返しに負けないように温存しておくと便利です。

 

《スキル・プリズナー》

自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
このターン、選択したカードを対象として発動したモンスター効果を無効にする。
また、墓地のこのカードをゲームから除外し、自分フィールド上のカード1枚を選択して発動できる。
このターン、選択したカードを対象として発動したモンスター効果を無効にする。
この効果はこのカードが墓地へ送られたターンには発動できない。

 

《霊神の聖殿》の守りと《エレメントセイバー・ウィラード》の効果の穴を埋めるカード

 

対象を取るモンスター効果に強く出ることができ、墓地でも使えるため腐りにくい。

 

スポンサーリンク

ドロー&サーチ サポート

・フィールド魔法サーチは必須

《クリバンデット》

星3/闇属性/悪魔族/ATK1000/DEF 700
①:このカードが召喚に成功したターンのエンドフェイズにこのカードをリリースして発動できる。
自分のデッキの上からカードを5枚めくる。
その中から魔法・罠カード1枚を選んで手札に加える事ができる。
残りのカードは全て墓地へ送る。

 

【エレメントセイバー】の墓地肥やし兼フィールド魔法サーチ

 

初動以外にもバトルフェイズスキップが起きているターンはそれほど動くこともないため、自然に使えます。

 

《サルベージ》

自分の墓地の攻撃力1500以下の水属性モンスター2体を選択して手札に加える。

 

「エレメントセイバー」は属性変更することで、4種類対応しており、手札コストや下準備に使ったりと応用が利くカード

 

手札消費の激しさをケアできるのは大きいです。

コンボできなかった場合や《霊神の聖殿》を握れなかった場合に使えます。

 

スポンサーリンク

まとめ

【エレメントセイバー】は構築の仕方が幅広いため、あまり決まった型がないのが特徴だと思います。

 

0から構築やコンボを考えることができ、デッキ構築が好きな人向けのテーマだと個人的に感じました。

 

今後も属性関連のカードは絶えず出るはずなので、思わぬ形で混合デッキが組めるかもしれませんね。

まだ姿を隠す闇の「霊神」にも期待です。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました