【方界】相性の良いカード集

【方界】に新たな戦術が欲しいと思ったら

※《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を主軸とした場合の記事となります。

/所要時間5分

【方界】相性の良いカード集

【方界】で解決しなければならないこと

①手札事故

《流星方界器デューザ》が手札にないと展開に不安が残ります。

かと言って、事故防止のために「方界」以外のカードを採用し過ぎると、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》の特殊召喚が難しくなります。

②劣勢時の巻き返し

一度《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を特殊召喚できてしまえば、その暴力的な効果で1ショットキルを狙うことができます。

ただし、手札の数が足りないと特殊召喚すらできません。一度巻き返されると押し切られてしまうため、少ない手札で戦線を維持する必要があります。

③《流星方界器デューザ》への依存

デッキの安定性を《流星方界器デューザ》に頼り切っているため、引けなかった場合が脆い。

以上から

・手札事故を回避する

・少ないカードでの戦線維持

これらを行うカードを紹介します。

スポンサーリンク
新着記事も見てね!ゆるく更新中

戦闘要員

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》

闇属性/サイバース族/ATK3000/LINK4
【リンクマーカー:上/左下/下/右下】
効果モンスター2体以上
①:このカードがモンスターゾーンに存在し、フィールドのリンクモンスターのリンク先にこのカード以外のモンスターが特殊召喚された場合に発動する。
お互いのメインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する。
このターン、このカード以外の自分のモンスターは攻撃できない。
②:このカードが相手モンスターを攻撃したダメージ計算後に発動する。
その相手モンスターの元々の攻撃力分のダメージを相手に与える。

リンク4と重いが、リンク先にモンスターが特殊召喚された場合、メインモンスターゾーンのモンスターを全て破壊する効果を持つ。

《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》をリンク先に特殊召喚しても自身の耐性により破壊されません。ただし《トポロジック・ボマー・ドラゴン》以外のモンスターが攻撃できない制約を受けてしまいます

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》の直接攻撃で3000ダメージ。

エンドフェイズに3000の効果ダメージをお互いに受けるため、相手に合計6000のダメージを与えることができます。

【方界】では《流星方界器デューザ》と《方界合神》で簡単にリンク召喚できます。

自分フィールド:モンスター1体(トークン可)

手札 :《流星方界器デューザ》1枚

デッキ:《流星方界器デューザ》2枚&《方界合神》3枚

①《流星方界器デューザ》を(特殊)召喚。効果でデッキから《方界合神》を墓地へ送る。

②《デューザ》Aとモンスター1体で《プロキシー・ドラゴン》をリンク召喚。

③《デューザ》Aがフィールドを離れたため《方界合神》を墓地から除外し、デッキから《デューザ》Bを特殊召喚。

④ ①~③を繰り返し、《電影の騎士ガイアセイバー》を経由して《トポロジック・ボマー・ドラゴン》をリンク召喚。

⑤《デューザ》Cがフィールドを離れたことで、3枚目の《方界合神》を除外し、デッキからレベル4以下の「方界」を召喚条件を無視して特殊召喚できる。

《トポロジック・ボマー・ドラゴン》のリンク先へ特殊召喚すると全体除去効果が発動する。

《方界合神》で特殊召喚したモンスターはこのターン戦闘・効果で破壊されないため、全体除去の影響を受けません。

《方界超帝インディオラ・デス・ボルト》か《方界超獣バスター・ガンダイル》なら、相手ターンの《ブラック・ホール》などの全体除去にも一応睨みを利かせることができます。

《ヴァレルロード・ドラゴン》

闇属性/ドラゴン族/攻3000/LINK4
【リンクマーカー:左/左下/右下/右】
効果モンスター3体以上
①:このカードはモンスターの効果の対象にならない。
②:1ターンに1度、フィールドの表側表示モンスター1体を対象として発動できる。
そのモンスターの攻撃力・守備力は500ダウンする。
この効果の発動に対して相手はカードの効果を発動できない。
この効果は相手ターンでも発動できる。
③:このカードが相手モンスターに攻撃するダメージステップ開始時に発動できる。
その相手モンスターをこのカードのリンク先に置いてコントロールを得る。
そのモンスターは次のターンのエンドフェイズに墓地へ送られる。

エクストラデッキが空いているため、《トーチ・ゴーレム》と《アカシック・マジシャン》のコンボでリンク召喚します。

《トーチ・ゴーレム》1枚でリンク召喚することができる上、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》と併用すると1ショットキルがしやすくなります。

上記の《トポロジック・ボマー・ドラゴン》も同様の方法でリンク召喚できるため、戦線維持に大きく貢献してくれます。

《混沌帝龍-終焉の使者-》

星8/闇属性/ドラゴン族/ATK3000/DEF2500
このカードは通常召喚できない。
自分の墓地から光属性と闇属性のモンスターを1体ずつ除外した場合のみ特殊召喚できる。
このカードの効果を発動するターン、自分は他の効果を発動できない。
①:1ターンに1度、1000LPを払って発動できる。
お互いの手札・フィールドのカードを全て墓地へ送る。
その後、この効果で相手の墓地へ送ったカードの数×300ダメージを相手に与える。

豪快なリセット効果を持つモンスター

無効にされた場合のリスクが大きいのであまり使う機会がありません。緊急時には便利な効果です。

このカードは基本手札入れ替えのカードとして扱います。

《闇の誘惑》や《トレードイン》に対応しており、《ドラゴン目覚めの旋律》でデッキからサーチすることもできます。

上記のドローカードを採用しやすくなり、また時々攻撃にも参加できるカードになります。

《原初の種》を採用すれば、除外されているカードを2枚回収できるので、「方界」カードを回収すれば、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》の特殊召喚に貢献することもできます。

このモンスターを特殊召喚した後に、《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》を特殊召喚しても、他にカードの効果を使っていなければ、リセット効果を使うことができます。(召喚ルールのため)

《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》は攻撃力3000以下の発動したモンスター効果を受けないので、リセット効果を使った後は、簡単にLP10000程度のダメージを与えることもできます。

攻撃サポート

・攻撃をトリガーとする方界獣や方界帝を入れる必要があまりないため特に必要ありません。

専用サポートの《方界波動》で十分です。

防御サポート

・《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》で3000ダメージを受けてしまうため、《神の宣告》などメジャーなLPを払うカードは使えません。

《時械巫女》&「時械神」

星1/光属性/天使族/ATK   0/DEF   0
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードは手札から特殊召喚できる。
②:「時械神」モンスターをアドバンス召喚する場合、このカードは2体分のリリースにできる。
③:このカードをリリースして発動できる。
デッキから攻撃力0の「時械神」モンスター1体を手札に加える。
④:墓地のこのカードを除外して発動できる。
デッキから攻撃力0の「時械神」モンスター1体を召喚条件を無視して特殊召喚する。
この効果を発動するターン、自分はこの効果以外ではモンスターを特殊召喚できない。

「時械神」を用いることで、少ない手札で【方界】の劣勢時の巻き返しを図ることができます。

「時械神」の共通効果によって戦闘ダメージは0、戦闘・効果で破壊されないため、防御も任せることができます。

しかし、《強制脱出装置》など手札やデッキに戻す効果や除外には弱いため、過信は禁物。

星10/炎属性/天使族/ATK   0/DEF   0
このカードはデッキから特殊召喚できない。
①:自分フィールドにモンスターが存在しない場合、このカードはリリースなしで召喚できる。
②:このカードは戦闘・効果では破壊されず、攻撃表示のこのカードの戦闘で発生する自分への戦闘ダメージは0になる。
③:このカードが戦闘を行ったバトルフェイズ終了時に発動する。
このカード以外のフィールドのモンスターを全て持ち主の手札に戻し、戻した数×300ダメージを相手に与える。
④:自分スタンバイフェイズに発動する。
このカードを持ち主のデッキに戻す。

《スケープ・ゴート》

このカードを発動するターン、自分はこのカードの効果以外ではモンスターを召喚・反転召喚・特殊召喚できない。
①:自分フィールドに「羊トークン」(獣族・地・星1・攻/守0)4体を守備表示で特殊召喚する。
このトークンはアドバンス召喚のためにはリリースできない。

防御カード兼展開カードとして使います。

トークンでリンク召喚すると戦線維持を図ることができます。

緊急時の防御も任せることができるため、非常に役立ってくれます。

ドロー&サーチサポート

・《流星方界器デューザ》を引き込むために多めに入れることになります

・《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》の召喚条件を満たすためにも必要

《チキンレース》

①:このカードがフィールドゾーンに存在する限り、相手よりLPが少ないプレイヤーが受ける全てのダメージは0になる。
②:お互いのプレイヤーは1ターンに1度、自分メインフェイズに1000LPを払って以下の効果から1つを選択して発動できる。
この効果の発動に対して、お互いは魔法・罠・モンスターの効果を発動できない。
●デッキから1枚ドローする。
●このカードを破壊する。
●相手は1000LP回復する。

フィールド魔法のため手札に加えやすい。ライフコストが必要だがドローもしやすいカード。

《暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ》とは相性が良く、相手より自分のLPが下回っている場合、エンドフェイズにお互いに受ける3000のダメージを自分だけ0にできます。

ただし、相手のダメージも0にする場合があるので、1ショットキル前には別のフィールド魔法をセットするなどの対処が必要です。

《成金ゴブリン》

①:自分はデッキから1枚ドローする。
その後、相手は1000LP回復する。

特に発動条件のないドローカード

相手に1000LP回復させることになりますが、【方界】はLPを削ることに特化したデッキなので、1000や2000の回復では特に問題ありません。

《おろかな副葬》

「おろかな副葬」は1ターンに1枚しか発動できない。
①:デッキから魔法・罠カード1枚を墓地へ送る。

デッキの《方界業》を墓地へ送り、《流星方界器デューザ》を手札に加えるために使います。

他にも《ブレイクスルースキル》や《光の護封霊剣》などを併用すると安定します。

まとめ

紹介したカード以外にも《E・HEROプリズマー》や《ファントム・オブ・カオス》などのカードが相性がいいです。ぜひ自分でも考えてみてください。

独特なイラストと豪快な戦術に魅力溢れる【方界】をぜひ使ってみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク